パフォーマンス【初級編②】

実行中のアプリケーションにPriorityを上げる事で
CPUによる処理の優先度を高くする設定です。

ここでは、MSN Messengerを例にして説明します。
(Xeneではログイン後に起動した後、これを実行して下さい。)

①まず、アプリケーションを実行して「Ctrl+Alt+Delete」で
 Windows タスクマネージャを起動して下さい。
 ここでアプリケーションタブを開くと実行中のアプリが確認出来ます。
 あ、ここで必要の無いアプリは終了させた方がいいネ^^;
画像


②その中でPriorityを上げたいアプリのアイコンを右クリックして
 「プロセスの表示」を選択。
画像


③選択後に、そのアプリのプロセスタブに飛びますのでここでまた
 右クリックをして「優先度の設定」→「通常以上」を選択。
 デフォルトで処理の優先度は通常になってますので少しは処理として
 優先度を上げてくれるはずです。
画像


④上記実行後に「タスクマネージャの警告」が出ますが気にせず
 「はい」をクリックして下さい。
 以上で設定完了ですが、これはアプリ終了させると優先度の設定も
 無効になりますので起動毎に行って下さい。

ゑっ!(゜ロ゜;)それでも固まるって??
うん。。。。。

注)優先度の選択で「高」「リアルタイム」は選択しないで下さい。
  OS側の処理が遅くなりCPUにパワーが回らなくなって逆効果になるかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年07月27日 23:49
Wow, this post is fastidious, my younger sister is analyzing these things, therefore I am going to let know her.

この記事へのトラックバック